検索
  • 米山 拓真

SEOライティングとは|15のコツ



SEOライティングとは人間にも検索エンジンにもわかりやすい記事を書く手法です。

記事に正しい順位をつけてもらいやすい効果があります。

SEOライティングを身につけることによって

  1. 納品した記事の順位が上がりやすくなる

  2. クライアント大喜び

  3. あなたの単価も上がる

とまさしくいい事だらけ!

ぜひマスターしましょう。

SEOライティングのコツ

SEOライティングの基礎となる技法を15個紹介します。

  1. タイトルにキーワードを入れる

  2. タイトルにはキーワードをなるべく左に

  3. キーワードを詰め込みすぎない

  4. PREP法

  5. 見出しは入れ子構造を意識

  6. 箇条書き(番号なしリスト)、ナンバーリストを使う

  7. 共起語を入れる

  8. 関連キーワードを意識

  9. 文章量は最低限で

  10. アンカーリンクは内容まで書く

  11. こそあど言葉は極力使わない

  12. 読点は基本的に一文につきひとつ

  13. 余計な表現は極力減らす

  14. 英数字は半角で

  15. 権威性が活かせるなら必ず記載する

これらによって

  • 見栄えが良くなる

  • 要点がひと目でわかりやすくなる

  • 検索エンジンの記事内容の理解促進

などのメリットがあり、結果的には検索課題をスピーディに解決することに繋がります。

積極的にこれらを取り入れた記事執筆を行いましょう。

タイトルにキーワードを入れる

タイトルにはSEOキーワード(ターゲットとなるキーワード)を絶対に含ませるようにしましょう。

検索エンジンも検索ユーザーも、タイトルから内容を予想するからです。

あなたが日々読者として何気なくクリックする記事も「なんとなくタイトルが気になったから」という場合がほとんどなのではないでしょうか。

タイトルにはキーワードをなるべく左に

SEOキーワードはなるべく左に寄せることが理想です。

ユーザーは検索結果画面を縦方向にざっと読んで、記事をクリックするかどうかを決めるという調査結果が出ているからです。

SEOキーワードが左端に入っていないと検索ユーザーは、ざっと検索結果を確認したときに

  • この記事は自分が読むべき記事なのか

  • それとも検索結果にまぎれこんでしまった無関係の記事なのか

を判別できません。

現代の検索ユーザーはトイレや電車の中などのスキマ時間で記事を読む場合が多いので、読むべきかどうなのかわからない記事は基本的に読みません。

「これは読むべき」「これは知りたい」とはっきり判別できる記事に流れてしまいます。

キーワードを詰め込みすぎない

「じゃあなるべく興味を引くように」とタイトルにあれもこれもとSEOキーワードを詰め込むのは逆効果。

検索エンジンにも検索ユーザーにも何がメインテーマなのかはっきりわからず、見落とされてしまいます。

上記の通り検索ユーザーは忙しいので、なるべく早く情報がほしいと思っています。

たくさんの内容が書かれた記事から知りたい情報の部分を探して読むのは負担なので、キーワードの詰め込みは厳禁です。

PREP法

PREP法は、結論ファーストに伝える文章構成の方法です。

  1. P:結論

  2. R:理由

  3. E:例(もしくは根拠)

  4. P:まとめ

の順番で記事を構成するところがPREP法の特徴。

結論を先に述べることで、検索課題をスピーディに解決できるのです。

気になった検索ユーザーにだけその先を読んでもらえばいいや、くらいの気持ちで書きましょう。

PREP法の例

  1. P:文字単価を上げるにはSEOライティングを学びましょう

  2. R:SEOライティングにより検索上位を取りやすくなるからです

  3. E:根拠は以下の3つです

  • ライターに求められているのは検索上位を取れる記事

  • クライアントにとって検索下位の記事10記事よりも上位表示される1記事の方が価値あり

  • クライアントは安定して上位表示の取れるライターには、高い報酬を払ってでも囲いたいと思う


  1. P:文字単価を上げるために、SEOライティングを勉強しましょう

結論ファーストのほう上位表示しやすい

「結論を先に書いてしまうと、検索ユーザーがすぐに離脱してしまうのではないか」と考えるかもいるかも知れません。

しかし直帰率だけでペナルティとなるアルゴリズムはもう終了しました。

Googleはユーザーが「検索課題を解決して、ブラウザを閉じた」ところまでを見ています。

そして検索エンジンは「ブラウザを閉じる前に最後に見たページ」を評価します。

つまりとっとと記事の中身だけ教えちゃって、離脱してもらうのが良いのです。

過去には記事の結論を長々と引っ張った挙げ句に「わかりませんでした」となるようなブログ記事が散見されましたよね(まだ一部では見られますが)。

もともとそのような「サーバーの肥やし」みたいな記事はユーザーからは好まれませんでした。

Googleのアルゴリズムのキホンは「検索ユーザーが第一」なので、検索ユーザーのニーズに合わせた形です。

PREP法自体SEOライティングの基礎の基礎となる技術なので、これから常に意識しましょう。

箇条書き(番号なしリスト)、ナンバーリストを使う

箇条書きは積極的に使いましょう。記事の見やすさが大幅に向上します。

  • 特徴を並べたり

  • 比較をしたり

  • 記事の要点まとめに使ったり

と、箇条書きはかなり汎用的に使えます。

「見出しひとつあたり一箇所入れる」くらいの頻度で入れていい、くらいに入れていきましょう。

また「1.~」「2.~」といった「ナンバーリスト(番号付きリスト)」も以下の3つの場合などでは有効です。

  • 手順の解説

  • 数を強調したいとき

  • ランキングの紹介

見出しは入れ子構造に

見出しはH2 》H3 》H4と、入れ子構造にしましょう。

検索エンジンが記事内容を理解する際に無用な混乱を与えずに済みます

たまに見出しを文字装飾代わりに使う人がいますよね。

SEOライティングではご法度です。

共起語を入れる

本文は共起語に注意しましょう。

共起語とは「記事中でキーワードと一緒に使われがちな単語」です。

共起語を本文に積極的に使用することで、自然と専門性が高い内容になります。

「普通こういう言い回しはしないよね」と違和感を読者に抱かせにくくなるので、自然と読み進められます。(共起語ツールはこちら

関連キーワードを意識

関連キーワードを意識しましょう。

関連キーワードはユーザーが意識している問題(顕在ニーズ)として、SEOキーワードと一緒に検索される傾向があります。

関連キーワードを本文中で取り扱うことで、より検索されやすい文章となります。

関連キーワード取得ツール

文章量は最低限で

文章量は最小限で伝えましょう。

忙しい検索ユーザーは基本的に文章を読みたくありません。

「長文を読むのが苦痛」と感じる人も増えてきているくらいです。

文章を作成し終えたら、文章を10~30%ほど圧縮するつもりで推敲しましょう。

たくさんの文章で伝えたほうが伝わりやすいように思いがちですが、実際は逆。

余計な文字を入れて重要な部分をぼやかせるよりも、必要最低限の文章で重要な部分をしっかり伝えるのがいいSEOライティングです。

アンカーリンクは内容まで書く

アンカーリンクのテキスト(アンカーテキスト)はリンク先の内容まで書きましょう。

くわしくはこちら。

などの表現が一時ブロガーたちの間で流行りました。

しかし検索ユーザーからすると、どんなページに誘導されてしまうのか推測するしかありません。

SEOライティングにおけるリサーチ方法を確認しましょう。

のように、クリックした先にどんなコンテンツが存在するのかをはっきり書くことで「読者の読解力に頼らないライティング」ができます。

こそあど言葉は極力使わない

こそあど言葉は極力使わないようにしましょう。

「~について、これは・・・です。」という書き方こそ、文章が冗長になる原因。

またこそあど言葉自体、ユーザーの読解力に依存する書き方といえます。

ほとんどのユーザーは流し読みでページを閲覧しているので、流し読みでも理解できるような工夫が重要です。

読点は基本的に一文につきひとつ

読点は基本的に一文につきひとつに抑えましょう。

読点の数を制限することで冗長な(ダルい)表現を防止しやすくなります。

読点の数は以下を意識すると結構減らせられます。

  • 箇条書きにする

  • 番号リストにする

  • 二文に分ける

  • フレーズを入れ替える

  • 言葉自体を変える

余計な表現は極力減らす

本文の中で余計な表現は極力省きましょう。

  • ~ということ

  • ~することができる

  • ~させていただきます

などの表現はなるべく避けましょう。

とはいっても日常の癖のようなものがありなかなか撲滅できるものではありませんが、努力することが重要です。

また「たとえ話」も話の理解につながる場合のみ、長すぎない程度にしましょう。

長すぎるたとえ話は、一歩間違えれば自分語りに終止しがちです。

英数字は半角で

英数字は半角としましょう。

全角にした場合、以下のデメリットがあります。

  • 間延びしやすい

  • 単語途中で改行される(英単語として認識されないため)

  • ほとんどのサイトは半角で統一されているため「素人感」がでる

権威性が活かせるなら必ず記載する

Googleは「EAT」を重視しています。

EATとは

  • Expertise(専⾨性)

  • Authoritativeness(権威性)

  • Trustworthiness(信頼性)

のこと。

可能なら著者のプロフィール欄で権威性や専門性をアピールしましょう。

21回の閲覧

©2020 by Writers-hub.jp